So-net無料ブログ作成

林修先生!今でしょ!認知症やうつ病には「えごま油」が効く♪ 「えごま」は「ごま」とはまったく違うのだ! [健康]

『林修の今でしょ!講座 2時間スペシャル』で『油を食べ分けて病気を改善!体にいい油はどれだ?』
番組内で、ダイエット・認知症・うつ病に効くとして「えごま油」が紹介されました。

ごま油が身体に良いとかという話は昔からあって

「たくさん食べよう!」

「食用油は全部ごま油にしよう!」

と思いながら、なかなか続かない。


ですが、今回のお話は「ごま」ではなく「えごま」なのです。


「ごま? えごま? 同じ? 違うの?」

じつは、この2つ

言い間違えるぐらいに名前はソックリなんですが

まったく異なるものなんです。


「えごま油」とは、一年草のシソ科植物で、青シソ(大葉)と良く似た葉をもつ植物の種子から搾った油。「しそ油」とも呼ばれる。

「ごま油」は、ごま(胡麻)の種子に圧搾等の加工をして作られる食用油の一種。


だからぜんぜん違うのです。

で今回、「えごま油」の効果が注目を浴びました。


「アルツハイマー病・認知症やうつ病にはえごま油が効く!」


「えごま油」は食用油のなかでも圧倒的な”α-リノレン酸”の含有量を誇り、認知症や心筋梗塞の予防やうつ病の改善など、脳・心臓を守る油として注目を集めています。

αリノレン酸は摂取すると、EPA・DHAという物質に変化します。このEPA・DHAという物質は、なんと弱った神経細胞の働きを助ける。

いわゆる認知症などの症状は、歳を取ったりストレスがあると脳の細胞が死んでしまって脳の働きが低下して起こります。脳の神経細胞は一度死んでしまうと復活しません。

そこでαリノレン酸の最も多い「えごま油」を摂ると、体内でEPA・DHAという物質に変化します。
このEPA・DHAという物質は、弱った神経細胞の働きを助けるという力があって、その力で脳の神経細胞が丈夫になり死ににくくなる。だから認知症の予防にとても効果が大きいのです。

認知症はあるていど高齢になってからのほうが心配ですが、「うつ」。
これって年齢問わず起こります。

じつは「えごま油」は、”うつ”にも効果が大きいのです。

うつ病になると、やる気を司る神経細胞の働きが弱ります。
そこで「えごま油」を摂ると神経細胞の働きが活発になって、やる気が戻ってくる。
認知症の時とメカニズム似てますね。

オマケニ!効果が30分で出る!


そして!

年末年始! 食べて飲んで!どうしても太っちゃいます。

なんと「えごま油」は、内臓脂肪を燃焼させるという効果もあるので、身体の代謝アップでダイエットにも効果が期待できるのです!


さっそく明日の朝、スーパーマーケットへ走ります。

きっと売り切れ続出となるんでしょうね。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

えっ!カフェインを1日中持続させる!ネスレが新技術を開発中 [健康]

昨日、カフェイン大量摂取による死亡事故が話題になり

「エナジードリンクは、もうやめよう」とか「コーヒーは控えよう」とかって、思った人も多いのでは。

でも、この事故が起こる直前までは

・1日4杯のコーヒーでがんのリスクが軽減する
・認知症予防に効果がある

などと言われて、積極的にカフェインを摂取していた人も多いと思われます。

ぼくもその一人で、4杯は飲みませんが

朝の1杯と午後から1杯のペースで毎日飲んでいます。

これは死亡事故を知ったあとの今日も変わりません。


で、いったい「ネスレ」は、カフェインをどう使いたいのか?

1杯飲めば1日中スムーズにカフェイン・パワーを体が感じることができるコーヒーを作りたいそうです。

どういうことかというと、

今のカフェインだと、飲んだあと血中濃度が最大になる時間は、だいたい30分~60分程度。
そのあと、4~6時間効果が持続します。もちろん個人差はあります。

これを、朝のたった1杯のコーヒーで、丸一日持続できるようにする技術を、ローザンヌ連邦工科大学、チューリッヒ工科大学と共同で開発中だそうです。


そもそもカフェインの効果とは・・・・・

・大脳皮質を刺激して眠気を感じにくくする作用があります。
・脳内の「報酬系」といわれる箇所に働きかけ、気分の良い状態にする
・知能活動や感覚を鋭くする
・疲労解消する
・集中力を高める
・脳血管の収縮作用がおこり、頭痛などに鎮痛効果がある

など、良いことだらけ。

この中で、ぼくがいちばん感じているのは「鎮痛効果」。
コーヒーのおかげで、鎮痛剤を飲まなくて済んだことが何度あることか。


今回のニュースで悪いイメージが少し付いてしまったかも知れないカフェイン。

何事もそうですが、最適な用法・用量があるんですから、ある程度は意識しないとね。

普通はエナジードリンク1日に20本なんてあり得ないわけですから、自分で飲むコーヒーの量をコントロールしながら、素晴らしい効果を受け取りたいものです。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

飲み方で受験合格や仕事の効率に即繋がる!「ビール」と「コーヒー」の最強使い分け方法! [健康]

ビールは創造性をかきたててくれ、コーヒーはそのアイデアを実行するパワーを与えてくれる。

とまあ、結論から書き始めましたが
多くの人が、ビールとコーヒーの両方を、環境に応じて使い分けて飲んでいると思います。

ぼくの場合は、毎朝、仕事場に出てきたらコーヒーを必ず飲んでいます。

これには理由があって、ぼーっとしてたり、ちょっと頭が痛かったり、首とかがこってたり、そんな症状があって鬱陶しい気分の時にコーヒー飲むと、高い確率で治るからなんです。ずーっと昔に気がついてから飲み続けています。飲む量は1日で朝の一杯だけってのが普通で、あとはたまに午後からもう一杯ぐらいです。

で、本題に戻しますが、

まず、なぜヒールが創造力をかき立てるのか?

脳の思考や言語や相互作用を司っているのは大脳皮質と呼ばれる部分。
これがビールの飲むことによって、アルコールが大脳皮質に届くと、集中力は少し下がってしまいますが、脳は自由になって日常の煩わしさから解放されのだそうです。

そして!ジョッキ2杯ぐらい飲むと、創造力が豊かになり、素晴らしいアイデアが浮かぶようになる!

でも飲み過ぎると酔っぱらって、反対にボロボロになってしまいますけどね。
適度が肝心。


次にコーヒーを飲むと、なぜ活力がみなぎるのか?

体を動かしたり勉強や仕事でエネルギーを消費すると、脳内のアデノシンとアデノシン受容体という2つの物質がくっついて、脳の働きが遅くなり疲労を感じたり、眠たくなったりします。

そこでコーヒーを飲むと、カフェインの摂取により、カフェインがアデノシン受容体とくっつくので、脳ではアデノシンがくっつく相手を失って行き場をなくしてしまいます。この状態を、脳は「アデノシンが余っているので、エネルギーも余っているのだろう」と錯覚。さらに、グルコース・ドーパミン・グルタミン酸など神経の運動を活発にさせる物質がいつも以上に働き出すので、飲んで5分後には活力がみなぎってくるというわけです。


コーヒーについては、毎朝体験しているので、このソースに大賛成なのですが、ビールはお酒の弱いぼくの場合、ジョッキ2杯も飲んだら、睡眠に入ってしまいますので、これからも朝のコーヒーで脳を活性化させます。

受験生のみなさんもコーヒーで合格めざしましょう!

ビールは未成年者はダメですよ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

難病に効く!北投石 本当のところはどうなの? 効くの?効かないの?安全なの? [健康]

じわじわと売れているようで、あちこちのネットショップでも販売されている「北投石」。英語で Hokutolite と綴るらしいので「ほくとうせき」と読むのが正しいようです。

ぼくも相当な健康オタクなので、何も考えず、とりあえず買いました。
「北投石」ブレスレットで1万円ぐらいでした。

めちゃくちゃ肩コリ・首コリなので、こういうのには飛びついてしまうのですが、まあ今まで買いまくった中で、見事に効いたのは「ゲルマニウム」だけでした。「ゲルマニウム」を初めて着けたときは感激しましたよ。ぽわ~っと良い気持ちになって、気がついたら肩コリがすごく楽になりました。

これって、もう10年ぐらい前の話。

で、今年になってからやたら見かけるようになったのが「北投石」なんです。
届いたブレスレット、見かけは白っぽい生地に黒い斑点がある丸い玉のブレスレット。そう数珠ブレスタイプ。

さっそく着けて・・・・・

「おーっ!」「なんか良い感じ!」「これって久しぶりの感覚!」

なんか言い方が「孤独のグルメ」の井之頭五郎みたいですが(笑)

ここんところ頭痛が多かったのですが、しばらくすると消えて無くなってた。 いやみなさん、こういうのって個人差が大きいので、ぼくの文章を、まるまんま信じちゃダメですよ。でもぼくは感激するほどの出来事でした。

それは良いのですが、
感激すると、いつものことですが

「なんで効くんだ?」 とか「効いたけど、素直にこのまま使ってていいんだろうか?」

こんな疑問を買った後で抱いてしまうのです。

調べました。いろいろ。
ついでなので、詳しい人に電話して色々ききました。

その結果をまとめてみると・・・・・

北投石は台湾の北投温泉で採れた石であること、同じ石が秋田県の玉川温泉で採れること。そしてこの2カ所共に今は採掘厳禁となっているらしい。

重要なのは、いまインターネットを中心として出回っている北投石と名付けられた物が、本物で安心して使っていいのかという話。

そこで気になるのが、両方共に採掘が禁止されて数十年にもなるのに、いま静かにブームになっている需要に対してじゅうぶんな供給量があること。物凄い量の在庫を持って販売しているようなショップもありますし、逆に全く扱ってないショップもあるという二極化した状態。

自分ではこのぐらいしかわからないので、ネットの情報と詳しい人からの情報をあわせて書きます。

まず本物の「北投石」であるかどうか(とにかくニセ物が多い世の中)、見極める方法ですが、これは1つしかないらしい。それは日本国内の厳格な検査機関にて検査することです。工業試験場であるとか、専門の分析センターで、できれば数カ所で調べること。検査費用は高額ということらしいです。あと中国の検査は信用できないということでした。

そして結果として「酸素」「ケイ素」「硫黄」「カリウム」「鉄」「硫酸バリウム」「硫酸鉛」「鉄みょうばん石」等、北投石特有の元素と化学化合物がすべて検出されて、これで100%間違いなく本物の北投石である事が証明されるそうです。

楽天やヤフーのショップで買って抜き打ちに検査したところ、「硫酸バリウム」や「硫黄」など北投石を証明する成分は何も検出されなかったらしい。じゃあ何なのか?「トリウム系パウダー」を使用して放射線とマイナスイオンが発生するように細工したセラミックボールだったそうです。なので本物の北投石よりも強い放射線量のものが簡単に作れてしまいます。(すでに国内流通ルートも解明されています)

ううううう・・・・・

じゃあ、ぼくの買ったのは・・・・・

自分では調べようないのですが、
ひとつ見極めとして、宝石とかを鑑別する機関による「鑑別証」をページで掲載して売ってたら、だいぶ怪しいらしい。宝石の鑑別屋さんでは、鉱物の元素とかその量まで調べることはできないそうです。

ここで判決がでた・・・・・

ぼくが買ったページには、鑑別証の写真がのってました。(泣)

泣いてても仕方ない、それでも効くのは放射線のせい?

放射線って聞くと、いまの時代、ちょっと「大丈夫なのか?」と思ってしまう。

これについては、
かりに、今から1年間、ずーっと着けたままで生活したとして
それによって受ける放射線量は、微々たる量らしく、そこまで神経質になる必要はないらしい。
でも、学者によっては、「放射線は可能な限り受けない方が良い」と言って、太陽光もほとんど浴びない生活をしている人もいるらしいので、ややデリケートな話として扱ったほうが良さそうです。

とまあ、学者でも医者でもないぼくですから
わかったような、わからないような・・・・・

とにかく次は、「間違いなく北投石でできた、北投石のブレスレット」を買ってみます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

冬季うつ病って病気があるらしいので、とりあえず予防に蛍光灯で明るくして仕事してみた [健康]

冬季うつ病とは、季節の変化に起因する「季節性情動障害」(季節性うつ病)の一つで、1984年に米国の研究者が新たな病気として発表したそうです。
どういうことかと言うと、秋から冬にかけて気分が落ち込んで何もやる気がなくなり、場合によっては日常生活にも支障をきたす場合もある症状。

「うつ」と言っても、一般的な「うつ」とは症状も異なってて、春になると自然と治るので本人も気づかぬまま、毎年毎年、秋になると繰り返してしまっている場合もあるようです。

冬季うつ病の具体的に症状をまとめると、

・なぜか、ただただむなしく、自己否定的になる
・無気力感に襲われる
・睡眠時間が長くなっているにもかかわらず日中も眠気がある
・人付き合いがおっくうになり、外出がつらい
・集中力がなくなり、普段やり慣れた家事や仕事ができない
・食事が炭水化物や甘いものに偏り、体重が何kgか増える

ちょっと待て・・・・・

いまちょうど秋から冬に変わる季節なんだが、
ぼくも自己診断してみれば

なんとなく無気力っぽい感じがしないでもない・・・
やることは山ほどあって急ぎもあるのに、なぜか集中力に乏しい・・・
ぐっすり寝たのに、午後になれば眠気に襲われる・・・
一人でいるのが好きで、忘年会を何件か断った・・・
やたらお昼に「うどん(炭水化物)」ばかり食べてる・・・

いかん、ピッタリはまってしまっている。。。
なんとかしないと!

まずは冬期うつ病の原因を探ってみると、日照時間と関係が深いらしく、夏のように早朝から夜7時ぐらいまで明るい季節には起こらないらしい。

ということは、
「明るい光さえじゅうぶんに浴びてれば、冬期うつ病にはならない!」

でも光りの浴び方があるらしく
身体にいくら光りを当ててもだめで、目から光りが入ってくるようにすることで、この冬期うつ病を防ぐことができるそうです。
実際には、5000ルクス~10000万ルクスの照度が理想で、この光りを目から浴びるのは、セロトニンの量が増えて脳が活性化したり、ホルモンの分泌や体温のリズムを調整されて症状が回復をすると言われ、投薬よりも効果が期待できるそうです。

ぼくの場合、パソコンの画面を見てる時間が長いので、モニターの光りを常に見ているわけですが、これでは光りが弱すぎるため、いつもは消している机のライトをつけて、光源がやわらかく目に入るようにA4の白いコピー用紙を一枚傘にひっつけてみた。

この効果ですが、
どうだろう、なんとなく集中できる雰囲気ができあがったようなきがします。眠くもならない。

とにかく春まで、目から明るい光をいっぱい取り入れるようにします。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。