So-net無料ブログ作成

いきなり失敗作!18日ついに公開「スターウォーズ」。その評価が酷い。 [実況]

いよいよ待ちに待った「スターウォーズ フォースの覚醒」公開!

早く観に行きたいところですが、満員が嫌なのでお正月が明けてからゆっくり観ようと計画しております。

まあネットには、「観た!」との声がたくさん見うけられるのですが、どういうわけか「イマイチ」な意見も多いようです。

「今作スターウォーズはほんとに駄作感がハンパない」
「スターウォーズクソつまらないんだけど」
「今回のフォースの覚醒は駄作だったと言うほかない」
「スターウォーズは1~6が本当によかった 7は駄作」
「スターウォーズ全部見てるけどこれはひどいwwww」

やたら「駄作」という文字が気になります。

なかには
「なんじゃあああああああああああああああああこりゃああああああああああああああああああああああああああざっけんなああああああああ」
よほど自分の期待していた内容ではなかったようですね。

ぼくの意見をひとつ。

意見と言っても観てないので内容がどうのって話ではないです。

超大作と呼ばれる映画、とくにSFモノやアクションモノは、公開前に予告編やスペシャル映像をネットやテレビで惜しみなく視聴者に見せすぎ。
今回のスターウォーズも同じです。

こんだけ見せられて映画館に行けば・・・・・

「あれ? 見たことあるシーンばかりだ・・・・・」

何度こういうムードになって、観てる途中で冷めてしまったことか。

スーパーマンでしょ、アベンジャーズでしょ、ミッションインポッシブルも・・・・・

見たことあるシーンが、正しい順番になって流れるだけ。

今回のスターウォーズに関しては、最初から映画館で観る気満々だったので、テレビの特集もYoutubeの予告編やスペシャル映像も、できるだけ見ないようにしていますが、さてどうでしょう。

あともう一つ、この手の映画が最近シラケてしまう原因。

それは、CGが進みすぎてること。

現実とCGの見極めができないほどになっている技術は、ほんとに素晴らしい。

だが反面・・・・・

MARVELの映画がそう。

Avengersが代表的ですが、もうあり得ん動きが見事に描かれててパーフェクトなんですが、そこはもうゲームの世界と同じになってしまってます。アクション映画がアクションゲームになってしまっているんです。

なので、心の底から楽しめる・・・・・から離れて、どこか気持ちが冷めてしまってます。


それでも「スターウォーズ フォーズの覚醒」楽しみです!

年が明ければ「バットマン v スーパーマン」も公開が近い。
でもこれも、予告編が多すぎて、ぼくは相当たくさんのシーンをすでに見てしまっています。期待度が高いということで、評価するハードルが上がってるから、予告編を見過ぎた作品は見に行かないでおこう思います。




スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。